エーテル

スタートアップニュース:ConsenSysがP2PトレーディングカンパニーFluidityの完全買収を発表


ConsenSysは、ブルックリンのAirSwap開発者であるFluidityの完全買収を発表しました。イーサリアムに支援されたソフトウェア会社は、後者のチームメンバーとテクノロジーを買収します。

金曜日のプレスリリースで、ConsenSysはニューヨークを拠点とするブロックチェーン会社であるFluidityを非公開の料金で買収したことを確認しました。この買収は、不動産のトークン化、トークン化された証券取引、および分散型クレジットプラットフォームの担保として実際の資産を使用するシステムとテクノロジーを吸収することを目的としています。

ConsenSysの創設者であるJoseph Lubinは、Fluidityを取得したときは有頂天でした。

「ConsenSysへの流動性の完全な導入により、過去数か月で特定した強力な相乗効果が発揮されます。チームはさまざまなニッチ市場向けにクラス最高のトークントレーディングテクノロジーを構築しており、ConsenSysはこれを大規模に実現できるようになりましたねらい」

ConsenSysは以前、Fluidityと協力してAirSwapプロジェクトを開発しました。これは、ピアツーピアトランザクションサービスを提供するために2017年に開始されたEthereumベースのプロジェクトです。このコラボレーションを通じて、ConsenSysは開発チームにガイダンスを提供し、開発者がConsenSys Codefiツールキットを使用できるようにAirSwapプロジェクトを統合します。

暗号通貨を購入すると20ドルを獲得

FluidityのCEO兼共同創設者であるMichael Oved氏は最近の買収に関する声明で、ConsenSysが会社がトレーディングプラットフォームに深い流動性を提供する可能性を最終的に実現するのを助ける鍵になると語った。

アウフはさらに述べた、

「分散型トランザクション、ブロックチェーン技術、伝統的な金融インフラのアップグレードの未来は明るいです。」

ConsenSysは、ブロックチェーンのグローバルな採用に大きな一歩を踏み出しました。最近、Ethereumに支援された会社は3月に、欧州ブロック委員会とEUブロックチェーン天文台およびフォーラムを立ち上げるための2,500万ドルのパートナーシップの確立を発表しました。 EUは、大陸、ヨーロッパの産業、政府全体の市民を奨励することにより、ブロックチェーンの機会から利益を得ることに重点を置いています。

情報源:0x情報によってCOINGAPEから編集。著作権は著者に属し、許可なしに複製することはできません