ブロックチェーン技術

Authlinkが300,000ドルを調達し、製品の来歴と所有権管理プラットフォームを立ち上げ


Startup Authlinkは火曜日にシードファイナンスの最初のラウンドを無事に完了しました。 Authlinkは、2019年12月にAkash GauravとKharthick Palanisamyによって設立されました。これは、ブランド保護と製品所有権管理を提供し、ブランドとその顧客との間の永続的な連絡を保証するセキュリティ会社です。インドのチェンナイに拠点を置くBharath Corp House Technology Fundは、このスタートアップに30万ドルを投資して、技術開発を促進し、パートナーエコシステムを確立しました。

新興企業は製品の出所と所有権管理プラットフォームを開始するために30万ドルを調達しました。

この新興企業は、完全に分散された、資産に依存しないAuthlinkネットワークを設計および開発しました。これは、ブランド、所有者、独立した品質検査官、サードパーティを含むブロックチェーンによってサポートされるセキュリティネットワークです。エコシステムは、製品とドキュメントに関する信頼できる情報チェーンを共同で作成しています。ネットワークは、製品の作成とドキュメントの公開に関わる各ステップのデジタルフットプリントを作成します。ネットワーク上に作成された占有スペースは、製品の出所、信頼性の証明、所有権の証明を保証します。

Authlinkはさらに、ブランドと機関が製品を登録し、Web上で不変の証明書を作成するための発行者ダッシュボードを提供します。これは、組織が既存のERPおよびCRMを介してAuthlinkサービスに直接アクセスするための、UIおよびAPIに基づく直感的なサービスを備えた使いやすいプラットフォームです。さらに、会社は所有者の金庫を立ち上げようとしています。これは、製品と証明書の所有者が貴重品を電子的に簡単に保管、管理、共有、転送できる安全なモバイルアプリケーションです。 Authlinkエコシステムは、vault所有者がこれらのサービスと利点を便利で安全な方法で利用できるように、幅広い付加価値サービスを提供します。

「ミレニアルズとジェネレーションZは純粋にデジタルで開発されており、すべての貴重品と証明書を管理するには同じ利便性が必要です。この新しい時代は、あらゆる面で使いやすさ、透明性、セキュリティを提供することです。Authlinkは共同設立しました人々Akash Gauravは次のように述べています。「私たちのエコシステムはこの製品を提供すると同時に、顧客との永続的な接触を維持するための新しい方法をブランドに提供します。

このプラットフォームは、複数の業界での使用例が実証されており、宝飾品や高級品、自動車、教育、専門資格、政府の認可に焦点を当てます。同社は、現実世界の情報をブランディングしてブロックチェーンベースのアセットをバンドルできる高度なテクノロジーを構築しています。また、スマートコントラクトを使用して、すべてのプラットフォームデータを信頼から保護し、業界最高のセキュリティとユーザープライバシー基準を維持しています。シードラウンドによって調達された資金により、同社はパートナーのエコシステムをより迅速に構築し、研究と新技術の開発を促進することができました。

情報源:0x情報によってAITHORITYから編集。著作権は著者に属し、許可なしに複製することはできません