ニュース

日本の投資家はビットコインの洗礼後に購入を余儀なくされました


ビットコイン戦争後の1週間で、日本の暗号通貨取引所のビットコイン銀行に登録された個人投資家の数は40%急増しました。

3月12日の暴落により、ビットコイン(BTC)の価格は2020年に3,775ドルという新たな安値まで下落しました。ビットコイン銀行の市場アナリスト、長谷川祐也の公式ブログは、クラッシュ後、ビットコインの取引量とアカウント登録の両方が大幅に増加したことを示しています。

BTCが下落した日とその後も、KYC経由でアクセスするユーザー数は平均を上回りました。

長谷川氏は現在の状況をビットコインの価格が2018年11月から2018年12月に下落した時期と比較した。その場合、「暗号通貨に対する市場全体の関心が低下し、ビットコインの毎日のアカウント登録がヒットしました。」

しかし、最近の暴落の直後、高い取引量を維持しながら価格は60%跳ね返りました。これは、長谷川氏に「トラフを購入する意図は非常に明確である」ことを示しています。

「毎日の口座登録を増やすことを検討するとき、現在の市場回復は主に個人投資家によって推進されていると結論づけることができます。そして、フォーブスによって報告されたように、この現象はグローバルである可能性が高いです、サンフランシスコを拠点とする暗号通貨取引所であるクラーケンは、3月12日以降、アカウントを大幅に登録したためです。」

ビットコインを半分にすることで安全に選択できます

49日未満で、BTCは半減し、ブロック報酬は6.25 BTCに減少します。これは2016年に最後に起こりました。

長谷川氏は、Google Trendsのデータが示すように、日本および世界中の投資家が価格半減の潜在的な影響を十分に認識しており、ポジションが上昇するために価格の下落傾向をつかむと述べています。

「この間、ビットコインを購入したり、持ち株を可能な限り安い価格で半分にしたい多くの個人投資家がいる可能性が非常に高い」

出典:0xからCOINTELEGRAPHによりコンパイル。オリジナル:https://cointelegraph.com/news/japanese-investors-rushed-to-buy-the-dip-after-bitcoin-bloodbath著作権は著者に属し、許可なしに複製することはできません クリックして読み続けます