エーテル

Coinbaseは初期取引プラットフォームの立ち上げを検討しています


Coinbaseは、最初の取引プラットフォームのイラストの発売を検討しています

CoinDeskは、Coinbaseが初期交換製品(IEO)プラットフォームを開始する最新の暗号通貨交換である可能性があると報告しています。

Coinbaseのアジアにおける機関販売の責任者であるKayvon Pirestaniは、水曜日に開催されたCoinDeskのInvest:Asia会議で講演し、IEOプラットフォームが現在サンフランシスコで検討されている資本形成ツールの1つであることを明らかにしました。

「Coinbaseには非常に興味深い機会があると思います」とPirestani氏は述べています。 「要するに、CoinbaseはIEOスペースを探索しているだけでなく、STO(セキュリティトークン製品)を探索しているだけです。しかし、私は今、公式な声明を出すことはできません。」

Pirestaniは、Coinbaseが今後数か月でIEOプラットフォームの可能性を発表する可能性があると述べました。しかし、STO製品の発売に関しては、同社はより多くの市場の需要を待っており、セキュリティトークンは「多くの話だが、トランザクションの数ははるかに少ない」と指摘する。

Binance、OKEx、Huobi、Gate.io、KuCoinなどの多くの暗号通貨取引所は、過去1年間に独自のIEOプラットフォームを立ち上げました。日本の暗号通貨取引所であるコインチェックも、先月末までに初期取引所(IEO)プラットフォームの立ち上げを検討していることを発表しました。

IEOはICOに似た資金調達方法です。ただし、IEOの場合、トークンの販売は取引所を通じて行われます。取引所は保証人として機能し、プロジェクトチームでデューデリジェンスを行います。

InWaraの最近発行された半年ごとのレポートによると、2019年上半期には、2019年上半期に最大583個のトークンが発売されました。そのうち69%がICO、21%がIEO、10%がSTOでした。 2019年上半期と2018年上半期をさらに比較すると、レポートでは、ICOの数は今年74%以上403に急激に減少しましたが、IEOは123%のプロジェクトで6,000%以上急増しました。

「全体的に、2019年前半のトークン販売プロジェクトは、驚異的な33億9000万ドルを調達しました」と述べています。

TokenPost |(メール保護)

ソース:TOKENPOSTからの0x情報からコンパイル。著作権は著者が所有しており、許可なく複製することはできません。 から

読み続けるにはクリックしてください から