ビットコイン

電信に対するDDoS攻撃:中国への経路


電信に対するDDoS攻撃:中国への経路

電信は大規模なハッキングの標的となっています。これはTagesschauのリファレンス創設者兼CEOのPavel Durovによって報告されています。

IPアドレスは主に中国からのものです。歴史的に、すべての州のDDoS(200-400 Gb / sのゴミ)は香港の抗議行動と一致していた(@telegramで調整)。この場合も例外ではありません。

– Pavel Durov(@durov)、2019年6月12日

IPアドレスは主に中国からのものです。歴史的に、DDoSスケール(200-400Gb / sのゴミ)を経験したすべての政府関係者は香港での抗議行動で崩壊しています(@telegramで調整)。この場合も例外ではありません。

攻撃は香港の抗議行動を妨害することでしたか?

Durovによると、それは香港で進行中の抗議行動に関連しています。過去数日のうちに、何十万人もの人々が物議をかもしている離婚法に反対してきました。この規模のDDoS攻撃は、歴史的に香港での抗議行動と一致しています。 CEOは、これまでと同様、攻撃の発信元IPアドレスは主に中国からのものであると述べた。

DDoSはDistributed Denial of Serviceの略で、ターゲットサーバーに過負荷をかけるように設計されたハッキン​​グ攻撃を指します。しかし、顧客データへの危険性はない、とTelegramsは書いている:「あなたのデータは安全だ」と同社はつぶやきを送った。

電信は香港の参加者にとって重要なコミュニケーション手段であると考えられていました。最後に、Telegramは民間組織が抗議できるようにするために分散型暗号通貨技術を使用しています。中国本土には電報はありません。

電報は今年後半に暗号通貨を発売した

また、暗号通貨分野では、暗号通貨のメッセージングサービスは空白ではありません。 5月には早くも、TelegramはICOの完了を発表しました。これは記録的な17億ドルを集めることができました。

最近報告したように、テレグラムオープンネットワーク(TON)は今年の第3四半期に開始される予定です。これはまた、電信トークン「グラム」接続の公売です。民間投資のラウンドで、テレグラムはグラムトークンを売ることによって記録的な17億ドルを集めました。主な投資家は特別に設立された会社Gram Asiaです。

出典:BTC-ECHOからの0x情報から編集。著作権は作者David Scheiderが所有しており、許可なしに複製することはできません。