ニュース

Craig Wrightは、個人的にBitcoinの盗難調停に登場します


Craig Wrightは、個人的にBitcoinの盗難調停に登場します

6月10日に提出された法廷文書によると、Craig WrightはDAI Fleetmanから110万ビットコイン(BTC)を盗んだという彼の主張を調停するために法廷に出頭するよう命じられた。

オーストラリアの起業家は、ビデオ会議を通じて裁判所に出頭する許可を求めており、裁判所に直接行けば「不合理な困難」が生じると考えています。

しかし、彼の申立ては原告によって反対され、原告は、これまでに発見された発見は「物議を醸す主張を公正に評価するのに十分な情報」を提供すると主張した。 :

「当事者の個々の行動は、調停への有意義な参加を促進するでしょう。」

したがって、ライトは今6月18日に次の調停会議に出席するように命じられました。

彼は、2013年に亡くなった暗号通貨の開発者であるKleimanの財産からビットコインを盗んだと非難されました。Kleimanの家族は、最大110万のBTCが撮影され、発表時にはわずか90億ドルの価値があると主張しました。

ライトは訴訟の棄却を繰り返し要求したが、12月にブルーム裁判官は訴訟の継続を命じた。

先月、ライト氏は中本聡氏の書いたビットコインのホワイトペーパーに米国の著作権登録を提出した。これは査読者の間で論争を呼んだ。

コンピュータサイエンティストは中本であると長い間主張してきたが、フィナンシャルタイムズからの追跡調査報告はライトが彼の主張が米国政府によって認識されることを意味しないことを示している。

出典:COINTELEGRAPHからの0x情報から編集、原文:https://cointelegraph.com/news/craig-wright-ordered-to-personally-appear-at-bitcoin-theft-mediation。著作権は作者に帰属し、許可なく複製することはできません。