エーテル

60億ドルのポートフォリオを持つ香港の不動産会社がTokenizeの不動産に対する規制当局の承認を求めています


2019年6月12日の時点で、サウスチャイナモーニングポストは、大手不動産会社Stan Groupが2020年1月に香港の証券監督当局と会う予定であると報じた。 Stan Groupは、トークンベースの不動産資産を売却するための規制当局の承認を求めています。

香港の不動産会社Stan Groupがトークン不動産に参入

Stan Groupは、500億香港ドル以上の価値がある不動産ポートフォリオを保有していると主張しており、これは63億8000万米ドルに相当します。

同社は現在、香港証券先物委員会(SFC)によってまだ承認されていない事項を求めています。 2018年3月、SFCは、米国の証券取引委員会が米国で保有しているポジションと同様に、証券トークンは欧州委員会の現行の証券法に準拠しなければならないことを説明する詳細なガイドラインを発行しました。

スタングループの今後の会議が非常に重要であるのはこのためです。不動産資産の承認がマークされている場合、StanグループはSFCの観点から見た前例のないイニシアチブの一部になります。

報告によると、2019年6月上旬に、Stan Groupはセキュリティトークン発行プラットフォームLiquefyで覚書(MoU)に署名しました。覚書は、不動産をマークする能力によって特徴付けられ、投資家は不動産資産の部分的所有権を表すブロックチェーンに基づいてトークンを転送することができます。

Stan Groupの会長、Stan Tang Yiu氏は、

「部分的所有権はトークン化と当社が開発中の不動産取引を通じて得られるため、(当社は)不動産市場におけるより良いアクセスとより大きな流動性を想定しています。」

しかし、多くの人がStanグループはSFCで難しい道を歩んでいると推測しています。

同社のライセンス会社であるBridgeway Prime Shop Fund Managementの創設者であるEdwin Lee氏は、SFCは複雑な要求に直面しており、投資家は大規模な事務処理を通じて厳格なマネーロンダリング防止の検証を行うことを要求した。

Leeは、Stan Groupがターゲットとしている取引は流動資産の価値が100万ドルを超えるプロの投資家にのみ適用されると述べた。

Stan Groupが香港の不動産資産を本物としてマークしようとしたことについてどう思いますか。下記の評価セクションであなたがどう思うか教えてください。

日経アジアの画像提供。

出典:THETOKENISTからの0x情報から編集。許可なく著者Sia Mohajerの著作権を複製することはできません。